たけお×めも

たけお×めも

たけおX(Twitter:@takeox)が色々なことをメモのように書き記すところ。

雷句先生、裁判所に行く

http://88552772.at.webry.info/200806/article_2.html

もうニュースなどを見て、知った方もいると思います。
上記の時間に(株)小学館に対し、紛失したカラー原稿、5枚の損害賠償を請求する訴訟を起こしました。

ということで、先日、雷句先生が小学館にて仕事をしない、と言い出したことの理由がはっきりしました。
ブログとか始めたのも、もしかしたらこのことを伝えたかったからじゃないのかな、と思ったりもしました。

とりあえず、雷句先生のファンは、全ての文章を読むべきでしょう。
そこに、ガッシュの連載が終了するまでの経緯があり、今回の訴訟に至る先生の気持ちが全て詰まっています。

訴訟の金額だって、チャリティオークションの金額を元に算出してるし、慰謝料的な請求額を上乗せしているわけでもないから、この訴訟の真の目的は「漫画家の価値」にあるのだろうと思います。

日本の漫画は世界でも評価が高いものが多いです。
それは、すなわち高い価値を持っていると言うことにもつながるんでしょう。
でもその裏で、漫画家がきつくて大変な仕事であること、また週刊漫画家が激烈なスケジュールで仕事をしている。
そのことを知っている読者はたくさんいます。

それだけがんばっても、評価されなければそれで終わりの漫画業界。いや、アニメもそうだし、エンタメ関係はみんなそうかな。

でも、原稿というものは漫画家の努力の結晶であり、それがいかなる評価であったとしても、しっかりとした管理はしておくべきなのだと思います。

今回の訴訟で、サンデーが、小学館が、漫画家と漫画原稿の価値を見直して、少しでも雑誌の価値が上がるような作品作りをして欲しいな、と感じたのでした。