たけお×めも

たけお×めも

たけおX(Twitter:@takeox)が色々なことをメモのように書き記すところ。

ソード・ワールド 2.0 ゲーム ブック DS(限定版)

正直なところ、ここまでひどいとは思わなかった。

ソード・ワールドっぽさを感じたのはキャラクターメイクと世界観(全体)のみ。
 それ以外は別の題材のファンタジーでも出来たんじゃね? というチープなシナリオ。
・戦士と魔法使いの2種類、それぞれ2章立てという構成が故に「文庫4冊分!」というふれこみだったのだろうが、シナリオ自体が同じ時間軸で主人公が違うというだけで展開しているので、この表記は間違い。後半かぶるところが多いというか主人公と行動を共にするキャラが違うだけで内容は同じだし。

・戦闘シーンがどうしようもないぐらいぐらいチープ。
 黎明期のゲームでもないくせになんでソード・ワールドSFCよりも陳腐極まりない戦闘システムが出来上がるの?
 1ターンに振るサイコロの回数が1回で、その1回で命中するかダメージが決まるというシステムなんだけど、戦士の場合は1ゾロ以外はダメージ入って、魔法使いが6以上出さないと魔法が発動しないというなんとも目茶な判定システムの癖にクリティカルしてダメージ跳ね上がるのが戦士だけとか、どれだけ魔法使い差別してんのさ?!
 ついでに言うと魔法使いが覚える魔法も攻撃or回復呪文だけでしかも各職業2レベルごとにしか覚えないとかひどすぎ。戦略性もくそもない。
 ついでに言うとパートナーキャラもいるのに戦うのは常に自分だけで、しかも敵が何対いても基本は1対1のみとか。ファミコンのゲーム以下…いや、ふつーのゲームブックをはるかに下回る戦闘システムにもはや絶望するしかない。ほんとに誰だよこのシステム作った大馬鹿野郎は。 SW2.0の戦闘システムちゃんと読み直して出直しやがれ。

・死亡条件がよくわからないパラグラフ分岐
 ゲームオーバーになったら蘇生してレベルを引き継いで最初からシナリオをやり直せるシステムを導入してるけど、システムそのものと照らし合わせるなら、「蘇生」という表現はないわ。そういう表現にするなら、ゲームオーバーは全部死亡しなきゃ駄目。
 なんで生きてるBADENDでまで蘇生しなきゃいけないのか。魂いくつ持たせる気だ?

・読ませるための工夫が足りない。
 オートで読み進められるところまではいいとして、その速度をもうちょっと上げないと、繰り返し遊ぶときに無駄に時間を使ってしまう。
 だからといって「次の分岐まで一気に進む」という機能もないし、セーブ箇所が1つしかないから、たとえば戦士の章をクリアしてから魔法使いの章を遊ぶためには記録を消さなきゃいけなくなるという事態に陥る。
 ギャラリー用のシステムデータはあるんだからクリアしたという証明をするデータとか残せばいいのに。
 あと、誤植は可能な限り出さないようにするべき。っつか、ゲームとはいえ「ブック」を主張するならなおさら。
 いろいろと誤植の入り混じった文章を書いてしまうことは自分もあるけど、少なくともデバッグぐらいはしてるんだよね…まさかしてないのかなぁ…?



結論。
これ、ソード・ワールド2.0の冠を抱いてはいけなかった。
だって、このゲーム遊んだからってTRPG版をやろうとは絶対に思わないだろうし、逆もまたしかり。
ってかステータス関連と世界観、呪文や武器などの名前ぐらいしかTRPGから引っ張ってきていない、完全な別物のウルトラクソゲーと思うべし。

正直満足度は-5点にしたいぐらいだ。
無料で修正・アップデートして買った人に配ってほしいぐらい。