たけお×めも

たけお×めも

たけおX(Twitter:@takeox)が色々なことをメモのように書き記すところ。

VRモデルについての情報

このページは、主にYoutubeやTwitchでつかっているVRアバターVtuberの姿)についての情報をまとめたものです。

なんだかんだで2020年12月に作ってから使い続けているので、利用させていただいている衣装とかスキンモデルなどの情報をまとめています。

 

続きを読む

「ファミコン探偵倶楽部」がリメイクされた!!【ネタバレあり感想】

f:id:takeox:20210514001443j:plain

タイトル画面

やっと、出た!というより、

出してくれてありがとう!!!!

 

以前、私が好きなゲーム(遊んできたゲーム)について語った再、真っ先に名前を挙げるくらい大好きだったゲームがリメイクされました。

 

ファミコン探偵倶楽部」2作がまとめて!

過去記事でも少しかきましたが、ファミコンディスクシステム)で最初に出たときから、別のハードで出るたびに遊んでいましたが、SFC版(ニンテンドーパワー版)でうしろに立つ少女がリメイクされた以外では、基本的にファミコン版の内容そのままだったんですね。

 

それが、きれいなグラフィックでリメイクされるって、もうそれだけで大歓喜ですよ!

そんなわけで、リメイクされたファミ探について感想を語りたいと思います。
スクショ多めになりそう。

※タイトルにもある通り、ネタバレありでお届けする感想なので、閲覧の際はご注意ください。

 

 「消えた後継者」で見るグラフィックの向上

f:id:takeox:20210523080922j:plain

FC版

f:id:takeox:20210514121223j:plain

Switch版

とまぁ、一目で分かるくらいグラフィックは大幅進化してるわけです。

 ファミコン版だと、あの小さな画面を隅から隅までチェックして回ることがちょくちょくあったわけですが、Switchリメイク版では「???」のようなポップアップをしてわかりやすくなっているので、全体的に進めやすくなっている印象ですね。

f:id:takeox:20210514121118j:plain

崖の上で手を振っているあゆみちゃんもはっきり分かるよ!

 

 再現性についてのお話

ビジュアルがきれいになった歯いいけど、もとのゲームの良かったところがなくなったりしたら、なかなかつらい思いをするのがリメイクというもの。

しかし、今回のファミ探リメイクについては、そういう心配はなさそうです。

f:id:takeox:20210514170520j:plain

たとえば、あらすじ。

セーブしてから調査再開すると、それまでのお話を振り返ることができるのです。

私も1週目は思わず一気にクリアしてしまったので全てを見てはいないのですが、ゆっくり進めていきたい人とか、途中まで遊んで久しぶりに遊ぶときなんかにはとてもありがたい機能。

もちろん、FC版にもあったこの機能がちゃんと継承されていることはありがたいと思いました。(その分、テキスト量は増えたのだろうけど)

f:id:takeox:20210514121846j:plain

f:id:takeox:20210514121852j:plain

本編を少し進めると見ることが出来るタイトル画面。

この、青から赤に色が変わるところで、とても恐怖感を覚えたものでした。

ちゃんとカラスが飛ぶところ、かなり芸が細かい。

f:id:takeox:20210515091813j:plain

秘書に名前がついていた

後半、容疑がかなり濃くなっていた神田弁護士の事務所での秘書のやりとり。

ここも含め、メインのシナリオのテキスト再現度はかなり高いと思われます。

f:id:takeox:20210515091844j:plain

 

f:id:takeox:20210515091848j:plain

 

f:id:takeox:20210515091905j:plain

f:id:takeox:20210515091921j:plain

f:id:takeox:20210515091929j:plain

f:id:takeox:20210515091933j:plain

このやりとり、FC版でも好きなやりとりだったので、しっかり再現されているのがすごいなぁと思ったのでした。

(しかもわざわざカットインまで入れてしまったおかげでちょっとかわいいし)

 

f:id:takeox:20210515132331j:plain

終盤のプレイヤーをとても悩ませた、土蔵の中を探索するパート。

ここは、操作性を上げ(コマンド選択で進むわけではなく、移動中心にしてコマンドは必要なときに開くようになってた)たおかげでかなり攻略しやすくなっていました。

(オマケに重要アイテムの手鏡に記されたヒントを見ながら移動することが出来る!)

こんな感じで、遊びやすさと再現性はかなり高いレベルで作り込まれていると感じました。

 

オプションで再現できるサウンド

f:id:takeox:20210515150105j:plain

こちらは「うしろに立つ少女」のオプション画面なのですが、BGMを「アレンジ」「FC」「SFC」の3種から選択することが出来ます。

つまり、旧バージョンの音楽でリメイク版を遊ぶことが出来ると。これは、旧作も好きだった人にとってはありがたい機能かも?というか細かい!

同じように、表示フォントを「レトロ」にすると、ファミコン風のフォントに切り替えることが出来るんだけど、こっちは単純に視認性が下がるだけのように思えるので、好みの問題かも。

さらに音声も「レトロ」にできる。つまり、「ポポポポポ……」という、旧作を遊んだ人には聞き慣れたあの音である。

全部レトロにしたら、絵だけ新しくなった旧作を遊んでいる気分になれるかも?

 

「うしろに立つ少女」はSFC版準拠

f:id:takeox:20210515150916j:plain

さて、ファミ探シリーズとしては「消えた後継者」の続編であり、時間軸的には過去にあたる「うしろに立つ少女」。

こちらについては、最初のFC版のあと、ニンテンドウパワー版(ディスクシステムSFC版ともいえるシステムで、書き換え出来るROMカセットをつかったシステム)としてリメイク発売されたSFC版があります。

このFC版からSFC版にリメイクされた際に、一部追加になった仕様や変更になった箇所がありました。

 

f:id:takeox:20210515230315j:plain

f:id:takeox:20210515230338j:plain

f:id:takeox:20210515230344j:plain

中盤(FC版では後編の冒頭)にて、あゆみちゃんを探して街を探して回るシーン。

このシーンはFC版ではダンジョンのように入り組んだ町中を移動しながら聞き込みして、捜索を行っていたのですが、SFC版ではばっさりカットされ、探している様子を読み進める感じになりました。

Switchリメイク版でもこの流れは継承され、街の人々が描き起こされているものの、流れて気にはSFC版準拠となっていました。

f:id:takeox:20210517001121j:plain

また、SFC版で追加された性格判断とあゆみちゃんとの相性診断もしっかり再現されていました。

f:id:takeox:20210517001146j:plain

 

f:id:takeox:20210517001153j:plain

最期には、あゆみちゃんが結果をもとにしたトークをしてくれるので、その結果を見るために何周もした人は多そうですね。

今回のリメイク版は、セーブポイントを複数持つことが出来ますから、この結果確認も楽になっているかも?

 

演出面の強化

f:id:takeox:20210515153006j:plain

ドット絵だけだったFC版と比べれば飛躍的な映像の進歩を遂げたSwitchリメイク版では、カットインなどが駆使されて、物語への没入感を上げてくれます。

f:id:takeox:20210515233044j:plain

f:id:takeox:20210515233047j:plain

コミカルなシーンも無駄に(?)再現。

 

また、ユーザーの推理を促すようなシーンもまた、わかりやすさが上がるように、

f:id:takeox:20210515223052j:plain

タイムチャートまで見せてくれる親切さです。

また、名前のない人たち(村人AとかBとか)にも立ち絵がついていたり、一部の重要キャラ(前述の神田弁護士の秘書など)には名前がついていたりして、その違いを探すだけでも、旧作ファンは楽しめると思います。

 

旧作ファンは絶対やってほしいし、知らない人は物語に触れてほしいリメイク

FC版、SFC版をバーチャルコンソールファミコンミニを含めさんざん遊びまくってきた人間の言葉ではありますが、今回のSwitch版リメイクは、いろんな人にお勧めできる作品になったと思っています。

f:id:takeox:20210514121535j:plain

f:id:takeox:20210514121537j:plain

これは、序盤であゆみちゃんが主人公にメモを差し出すところなんですが、こんな細かいところにアニメーションが付いていたりして、そんなところ動かすの!?と思いました。

それぐらい、いろんなところが楽しめると思いますので、旧作を遊んでいて「今回のリメイクはどうなんだろう…?」と思っている人や、「旧作知らないんだけど面白いの?」と思っている人は、是非是非、遊んでみてください。

 

なんってったって、あゆみちゃんがかわいいから!!

そこは見て!!

f:id:takeox:20210514235717j:plain

↑個人的に一番かわいいと思っている、「消えた後継者」後半のあゆみちゃん








 

【ネタバレ注意】『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に関する雑感

f:id:takeox:20210317184229j:plain

公開が月曜だったので、普通の会社員をやってるたけおさんはすぐに見ることが出来ませんでしたが、最初の日曜日を迎えたタイミングで見ることが出来ました、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』(以下「シン・エヴァ」)。

まぁ、一応、リアルタイムでTV版~新劇場版までを見てきた人間として、感じたことをまとめておきたいなぁ、というのが今回の記事の内容です。

「雑感」としてるのはかなり適当に書き殴るつもりだから。

タイトルにもあるとおりネタバレを含む書き方をするつもりなのですけど、細かな知識やら専門用語的なところは避けつつ(というよりよく分かってない)、感じたことを綴っていこうと思います。

 

「ああ、終わったんだなぁ」

というのが、見終わった後最初に感じたことでした。

「新劇場版」としてではなく、「エヴァンゲリオン」というコンテンツがひとつの終わりを迎えたんだなぁ、と。

 私はアニメーションというメディアでしかエヴァを追っていなかったので、それ以外(ゲームとかコミックとか)はあまり詳しくはないです。

それでもTV版の最終回を見て、劇場版が公開されるという流れになったら「これは見ないといろんなことが分からん!ちゃんと理解できるような終わり方になるんだろう」と思ったものですが、最初に「Airまごころを、君に」を見終わった後、何が何だかわかんない感情で支配される結果に。

最初に「どうだった?」と感想を聞いてきた友人に思わず「気持ち悪い」って答えてしまったぐらいですしね。

そのくらい、なんと評価?表現?したらいいのかわかんないという印象のまま、エヴァに対する興味は薄れていったのでした。

その後、新劇場版が公開されるってんで、まぁ一応見ておこうと言うわけで劇場に足を運び、「破」を見たときに「あ、これはちょっといい感じに話が終わっていくのか?」と思ったら「Q」で頭をぶん殴られたような感じになり、「どっちにしろコレは最後まで見ないとわかんないんだろうなぁ」という気持ちで「シン・エヴァ」に臨んだわけです。

紐解かれていった謎達

「シン・エヴァ」では、「新劇場版」の中でばらまかれていった謎に対する答えが色々と明かされていきました。

中心となる「人類補完計画」や、それに対してゲンドウが行おうとしていたことをはじめとして、アスカが「惣流」ではなく「式波」だった理由やら、「Q」の冒頭でミサトがシンジを突き放し、アスカがぶん殴ろうとしていた理由、カヲル君の正体など色々なことが語られ、または言外で表現されていたりしていて、色々なことが「分かる」形になっていたと感じました。

もちろん、語られなかった(語りきれなかった?)内容もありますが、そこはまぁ、考察の範囲で考えてもいいんだろうし、もしかしたら何らかの形(Blu-ray限定版とか)で語られることもあるかも知れないですね。

とはいえ、シンジの視点を中心に語られてきたこの物語が、シンジ自身の成長で終わりを迎えたことで、「新劇場版」は語るべきところを全て語ったのではないかと考えています。

なにより見ている私が色々すっきりした気分になっているから、それでいいんじゃないかと。

 

4DXでの「シン・エヴァ

今回、「新・エヴァ」は4DXで見ました。

特に理由はなかったんだけど、4DXの席が空いていたんで「せっかくだから」という感じで見た訳なんですが。

過去に体験していた「機動警察パトレイバー劇場版」と違い、戦闘シーンが結構あるもんだからまぁ揺れる揺れる。砲撃のたびにビカビカとスクリーンの両端でライトが瞬くわ背中からエアー噴射してくるわ、エヴァ同士の殴り合いでがったんがったん揺れるわ背中に振動くるわでなかなかのアトラクション感がありました。

でも一番笑ったのは、アナザーインパクト炸裂直前でエヴァが大量に真っ白なアヤナミ化して空から落下(?)しているシーンで雪が降ってきたこと。

雪じゃねぇよそれぇ!?

 

ゲンドウとシンジ、そしてユイ

ラスト近くでエヴァ13号機(ゲンドウ搭乗)と初号機(シンジ搭乗)の壮絶な親子喧嘩の果てに語り合うシーンで、ようやく、今まで全くと言っていいほど語られて来なかったゲンドウの目的が語られました。

外側からゲンドウの言い分を聞いていると「エゴだよそれは!」ってどこかのMS乗りのセリフが聞こえてきそうな感じではありましたけど、結局のところ「ユイにもう一度会いたい」だったんだなぁと。

これまでの映像で片鱗のように印象を与えてはいたのだけど、それをはっきりとした言葉で息子に語ったことは、彼にとっての「終わり」だったのでしょうか。

シンジ自身が成長したことで、「けじめ」をつけることが出来た。そしてその結果、シンジもゲンドウもユイに会うことが出来た。

家族が一堂に会するも最後だったろうけど、シンジはそれを乗り越える心を手に入れたのだから、きっとそれで良かったのでしょう。

 

○波

綾波、式波、真希波。

新劇場版で何でアスカの名前変わったの?的なところはずっと謎になってきましたが、これも「シン・エヴァ」で明らかになったところですね。

結局のところ、「調整された人間」だからというのが簡易的な表現ですが、要するに、エヴァへの適性はユイに連なるような形でしか見いだせなかったのが新劇場版なのかなぁと。

だから、惣流家は存在しなくなったし、トウジもエヴァには乗らなかった。

マリに関しては全てが語られたわけではないですが、冬月副司令との会話シーンや、そのあたりで挟まれた回想シーンでセカンドインパクトがらみなんだろうなぁと言うところまでは想像出来ますけど。

でも、アヤナミタイプとシキナミタイプがユイベースで、マリは多分それとは違うアプローチで適性を獲得したのだと考えると、もしかしたらラストシーンのマリは、「真希波」ではないのかも知れませんね。

 

そんなわけで

雑に語ってみました。

これでよやく他の方のネタバレ感想とか読めるわー…。

(できる限り自分で感じたことを文章にしたくて、ネタバレからはずっと目を背けていたのです。でもはてブ宇部興産関連のエントリーだけは鑑賞前に見てしまっ、てその記事だけはグーでぶん殴りたくなりました)

 

 

 

 

 

 

 

 

「機動警察パトレイバー2 the Movie」を4DXで見てきたお話

まだまだコロナの嵐はやまず、非常事態宣言もまだ解除されない2月10日。

不要不急の外出はするなと言われて自粛はしているものの、これだけは外せない!

f:id:takeox:20210211131408j:plain

というわけで行ってまいりました、 「機動警察パトレイバー2 the Movie」4DX版。

劇場に1枚だけ残っていた宣伝チラシを改修し、クリアファイルセットを買って上映待ちしているのが最初の写真です。

続きを読む

できる限り手間もお金もかけずに3Dアバターを作ってみた

今年は特に、Vtuberが流行ったと思う。

もう数が増えすぎて追い切れないぐらいのVtuberが、それぞれのチャンネルで色々な配信をしたり動画をあげたりしてる。

 

そうすると、ソフトウェアやらアプリやらもたくさん出て、簡単にバーチャル世界用のアバターを作れるようになった。

じゃあ、絵心のほとんどない自分でも、アバター使ってYoutubeでゲーム配信とか出来ないか?と思ったのはすべての始まりで、気がついたらVroid Studioをダウンロードしていたんですが、起動してVRモデルを見た瞬間に「なんだコレは・・・?」と困惑が襲いかかってきて、半年ぐらい寝かせてしまいました。

そんなほったらかしになってるモノが、自分の場合結構いろいろあるんですが(ポメラもコロナ渦のあおりを受けて外でカタカタやる機会が激減してほとんど使ってない)、年末も差し迫った最近になって、旧に色々と調べ直してみたら、無料で配信されているアバター用のテクスチャが色々あるのを知ったので、「これは、テクスチャの組み合わせでキャラ作れるのでは…?」と思い至ったのでした。

f:id:takeox:20201228185835p:plain

最終的に作ったモデル

そんなわけで、配信で使えそうなVRモデルがどうにかこうにかできあがりました。

といってもまだまだ試行錯誤中ではありますが…。

 

一番苦労したメガネ

私はFF14でいつも眼鏡をかけていたことから、メガネキャラとして定着してしまっているので、アバターもメガネをつけていないとダメだろう…というのが、半年間VRoid Studioを寝かせてしまった最大の理由でした。

※自分でメガネ書くとかハードル高くない?ゆがみそう! と思ったのです。

 

それを解決してくださったのが、テクスチャでメガネを貼り付ける方法を動画にしてくださっていた赤羽衣装店さんでした。

ki-motor.booth.pm

 

youtu.be

フレームを直接ペンで書き込むのではなく、板ポリゴンをつくってテクスチャを貼り付けるという方法で、なんとかメガネのモデル実装が実現!

f:id:takeox:20201228191125p:plain

ほぼ線を引くだけというのはホントに楽でした。

というわけで、ようやくVRモデルの制作が加速しはじめます。

 

無料配布ありがてぇ…! テクスチャを色々借りる

ひとまず、少しでもデフォルトのモデルと違うものを用意しないと…というわけで、色々と検索して無料配布のテクスチャを次々とダウンロードし、ああでもないこうでもない、といじりまくります。

最終的にはこれだけのテクスチャをインポートしました。

【VRoid】瞳テクスチャセットVol.1 → こちらから赤い瞳のテクスチャを。

 

VRoid男性用カスタマイズ肌テクスチャ → こちらの肌テクスチャを組み合わせて肌色を少しいじり。

 

【無料】ベリーショート【Vroid髪型プリセット】 → 髪型はこちらをインポートして、色だけを少し調整。

 

【無料】無地パーカー【VRoid衣装】 → ゲームをやるスタイルなので、ゆるいパーカーをこちらから。

 

ってな感じで、ひとまず「なんかたけおさんっぽい?」くらいのモデルが出来ました。(FF14のキャラに寄せようかと思いましたが、にたのは瞳の色と髪の色くらいでしたね)

無料配布、とてもありがたかったので、そのうちちゃんといくつかの商品購入せねば…と思ったのでした。

作ったモデルを楽に動かそう!

さて、モデルが出来たら配信で使うためのソフトウェア探しです。

これまでのゲーム配信では、Facerigをメインで使っていたのですが、こちらはVRoid StudioからエクスポートできるVRMファイルではそのまま使うことが出来ず、色々な設定が必要ということで、利用を断念。

FacerigがSteamで配信されていたソフトということから(?)、Steamで色々探してみたところ、最初に見つけたのがこちら。

3tene.com

この記事で最初に張っていたのがこの3teneで撮影したスクリーンショット

VRMファイルを直接読み込んでポーズをつけたりフェイストラッキングしたりリップシンクしたりと出来るようだったのですが、細かく動かすにはやはりLeapMotionなどの物理的なトラッキングツールが必要そうなので、ひとまず置いておいて他の候補を検索。

他のSteamのVtuber向けソフトも色々見ていたんですがうまく動かせなかったので、さらに色々と検索した結果、一番自分に合っていそうなソフトを見つけてしまいました。

VDRAW

こちらのソフトは、主にお絵かき配信に使うもので、ペンの位置を追いかけたり、キーボードを使った入力が見えるので今年大流行した(?)オンライン会議にも使える、という触れ込み。

しかもゲームモードもあってコントローラを持った状態での配信が出来る!ボタンを押したところも追従する!おまけに特別な機器はいらない!

って感じで、別に歌ってみたり踊ってみたりをやろうと思っていない自分にとってはベストな選択に思えたのです。

 

だが有料! (1000円)

 

モデルを作るところは完全無料だったのに、ここでお金使うのか!とか一瞬悩みましたが、トライアルバージョンで自分が作ったVRMが動いてるところを見たら、あっという間に購入していたのでした。

f:id:takeox:20201228193639p:plain

これが、実際にVDRAWに表示させてみたイメージ。ゲーム画面はFF14

この曲面ディスプレイの感じがあまりにも新鮮だったんですよね。

でもあまりに新鮮すぎて受け入れられないんじゃないかと思って、試しにTwitterにあげてみたところ、「見たことない!」「一緒にゲームして遊んでる感じがする」と結構好評だったので、この形を採用することにしたのでした。

とはいえ、いつもこの画面を使うわけではなく、選択肢のひとつとして持っておこうかなとかそんな感じです。

 

最近のゲーム配信とか生配信界隈は、冒頭でも書いたとおりすごく人口が多い群雄割拠の時代です。

そんな中、ちょこっとでも個性を作りながらひっそりとやって行けたら、そのうち視聴者数も増えてくれるんじゃないかなぁと思いつつ、今回の記事を終わりたいと思います。

 

P.S.

VDRAW買った後に、バストアップのみならVMagicMirrorという選択肢もあったんだということを知りました…。

それなら記事名を「完全無料で」って出来たのに!(苦笑)