たけお×めも

たけお×めも

たけおX(Twitter:@takeox)が色々なことをメモのように書き記すところ。

「機動警察パトレイバー REBOOT」を見てきた

最近、どうにも映画館離れしていて、話題作も見に行けない有様だったんですが、これだけは!これだけは見に行かなければ!
ということで、「機動警察パトレイバー REBOOT」を含む短編オムニバス「日本アニメ(ーター)見本市」を見てきました。



ハンドルネームの元にもなっている「機動警察パトレイバー」の新作という位置づけですが、短編作品なので、どちらかと言うと「ファンムービー」的な印象が強い感じがします。
でも、作品の色が少し違う…だけどこれはパトレイバーだ!というところをしっかりと描き切っていると感じました。

イングラムの動きも、特車二課のメンバーのやりとりも、パトレイバーらしいレイバー同士の戦いと、そこにある「日常」…しかも現在に即した日常が取り込まれているのが、ファンとしてはとてもありがたかったです。
Twitter動画やニコニコとかがパトの日常に組み込まれてるのは、なんだか「近未来」より「現在」に近い印象になりましたが、それでもパトレイバーなんだよな、と思ったのでした。

監督をされた吉浦監督も、「イヴの時間」がとても好みだったので、私好みの出来になった要因の一つなのかなぁ。
もうこれでREBOOTシリーズ作ればいいじゃない!と思わされるほど。

劇場で作品を見る前に、劇場先行Blu-rayを勢いで買ったんですが、やっぱ正解だったなぁと思いました。
でもBlu-rayに収録されていた吉浦監督と出渕裕さん、伊藤和典さんの対談映像を見てると、ちゃんと抑えるところは主要スタッフが抑えてくれていたおかげなのかもしれないなぁ、と。

よくもまぁ、短編にここまで色々気合い入れたものだと…。
パトレイバーの魅力を感じた人なら、何かしらの形で見てほしいと思う作品になってます。ぜひ!


-----------

ここからは蛇足。

「日本アニメ(ーター)見本市」の作品群って、公開期間が限定されてるのが多いので、なかなかいっぺんに見る機会がないので、掘り出し物的にお気に入りになる作品が合ったりするのかもしれないです。

…いや、パト目当てで言ったら、総上映時間の8割ぐらいが別作品だから、「まだか、まだか!」ってぐらい焦らされるわけですが。
だってEMOTIONのモアイが出た瞬間に笑いが出たもの!「真打ちきた!」って誰か言ったもの!(笑)

そんな作品群の中でちょっとおもしろかったのが「おばけちゃん」。

たまたま(?)、FF14でお化け好きなお友達がいるのですが、そのせいか妙に印象に残るのかなぁと思ったんですが、端々で笑いが起きたりしていたので、評価ももしかして高かったりするのかしら。